「合う味&合う素材」出産レポ

08/06/2018

Posted by

こんにちは☆

ネイリストのmidです。

 

前回ブログにて、

出産時に、さとる先生推奨の「合う味&合う素材」を取り入れてみた、とちらっと書いたのですが

 

取り入れることによって、陣痛の痛み回避とか、身体のポテンシャルを良い状態に保てると良いなぁと思い

わたしが実践してみたことと、やってみての感想などレポートしてみたいと思います◎

長文なのでお時間ある時読んでください笑。

 

 

【出産前のテストの結果】

合う味:旨味

合う素材:モチモチ系(ポリエステル85/ポリウレタン15)

 

味は、ダントツに旨味☆(だしとか味の素とかですね)

それ以外はとんとんでした。

家にあっただしの素を持参。

 

素材は、ニトリのもちもちクッションがすごく良くて、

それ以外だと素材感があるもの(表面がざらっとしていたり手触りがあるもの?)が良く合うようでした。

お気に入りのもちもちぬいぐるみを持参(某球団のキャラクターです)こいつ↓

 

 

 

 

 

【実践したこと】

合う味:陣痛時、波が来たタイミングで特に痛みがひどい時に、だしの素を舐める

合う素材:陣痛中にぬいぐるみ、クッションを抱く

 

いずれも陣痛室でのみ使用。

分娩室への持ち込みはしていません。

と、いうかその頃になると陣痛開始から丸一日以上経っていた為

痛みのピークで意識も朦朧としてたので、部屋を移動する際に持って行こうという考えに至れませんでした笑。

 

LDR分娩だったり、経産婦の方で

余裕がある方は、分娩時いきむときにも

取り入れてみたら良いかもですね!

 

 

 

【感想】

初産なので、比較対象がないのがアレですが。

 

合う味:

かなり痛み緩和された気がしました!!舐めたことにより痛みが和らぐ感覚が。ただ、持続性はあまりないです。

陣痛が進むにつれて波が来るたび舐めて、といったよう。好きな味だと苦じゃないけど苦手な味だとどうだろう。

因みに、だしの素の粉末小分け袋をそのまま持っていっていたので、なんとなく恥ずかしく…。w

時々くる助産師さんの目につかないように気にしてしまったので

余裕がある方は小さいケースなどに詰め替えるのをオススメします。笑。

 

合う素材:

痛みのせいですごい力で握りしめたりひっぱったりがあるので、ぬいぐるみはかわいそうになり…クッションに切り替えました。w

劇的な痛みの軽減は特に感じませんでしたが、

後半戦にもなると行き場のない力を逃す先が必要で、それが合う素材であることは良かったと思います。

素材に関しては、入院時のパジャマに取り入れるもありかと。

わたしの入院先は院内着が指定だったのですが、そうでなければ是非。

 

 

【総評?】

未知なる体験に備えて、「これを知っておくと痛みが和らぐ」「良い状態で臨める」という気持ちでいられるのは大きかったです。

ただ、なんやかんや痛いことは痛かったし、人生史上最大の痛みであったことには間違い無いので、世の中のお母さん達全員に拍手!というリスペクトが出産を経て生まれましたとも!

 

これから出産される方、安心材料のひとつとして、試してみる価値はおおいにあるかと思います◎

気になった方は是非、一度ご来店してまずは自分の身体と合うもののチェックからしてみてください◎

おまちしてます(^ ^)

 

出産の時にがんばってくれた彼は

最近添い寝係に徹してくれています☆

 

 

=============================

360°laboratory さとる整体院

〒223-0053

横浜市港北区綱島西1-2-7 細野ビル5F

 

tel: 045-834-7142

mail: info@360lab.me

LINE ID: satoru360

 

http://www.360lab.me (綱島 360で検索)

=============================

 

  •  

     

     

     

     

     

     

     

     

     

Please reload

Please reload

Please reload

綱島駅北口より徒歩1分 360°laboratory 〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西1-2-7細野ビル5F

Copyright ©2016 360°laboratory All Rights Reserved.